プロフィール

愛は消えず 

Author:愛は消えず 
FC2ブログへようこそ!

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

天の窓が開かれる時は・・・・・・

天の窓が開かれる時は・・・・・
2011年2月27日

 天窓という言葉が最初に出て来るのは、神がノアに語りかけて箱舟を作るように命じた箇所です。「箱舟に天窓を作り、上部から1キュビト以内にそれを仕上げなさい。…」(創世記6:16) また似たような表現に「天の水門」「天の戸」や「天を開き」等の言葉もあります。ノアの大洪水は「ノアの生涯の600年目の第2の月の17日、その日に、巨大な大いなる水の源が、尽く張り裂け、天の水門が開かれた。」(創世記7:11)とあります。これは神のさばきの一つとして行なわれたものです。これは当時の人々の堕落と暴虐の故に起こったことです。  自然の世界に恵みを与える場合などには「主は、その恵みの倉、天を開き、時に叶って雨をあなたの地に与え、あなたのすべての手のわざを祝福される。」(申命記28:12)とあります。またエジプトを脱出して来たイスラエルの民が、パンや肉が食べたいとつぶやいた時に、神はモーセに対して「見よ。わたしはあなた方のために、パンが天から降るようにする。」(出エジプト16:4) と語られました。詩篇の記者には「しかし神は、上の雲に命じて天の戸を開き、食べ物としてマナを、彼らの上に降らせ、天の穀物を彼らに与えられた。」(詩篇78:23) と語らせています。天の穀物はマナと呼ばれ、神がイスラエルの民に与えられた超自然的なパンです。それは約束の地に来るまで40年間も与え続けられたのです。  聖書の中に「あなた方がマサで試みたように、あなた方の神、主を試みてはならない」(申命記6:16) 神に対して人間がしてはいけないことが沢山ありますが、その一つに「神を試みる」ことは禁止されています。しかし、その中に例外が一つだけあります。「十分の一を尽く、宝物倉に携えて来て、わたしの家の食物とせよ。こうしてわたしを試してみよ。<万軍の主は仰せられる>わたしがあなた方のために、天の窓を開き、溢れるばかりの祝福をあなた方に注ぐかどうかを試し てみよ。」(マラキ3:10) すなわち、捧げもの、献金等を捧げることについては例外で、神を試してみることが許されています。それを実践するならば天の窓が開かれて溢れるばかりの祝福が与えられると<神は約束>しているのです。ハレルヤ!◆
スポンサーサイト

<< 「天窓」の新しいスタート | ホーム | 信仰一筋の生涯 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 ホーム 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。