プロフィール

愛は消えず 

Author:愛は消えず 
FC2ブログへようこそ!

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

祝・ご聖誕

祝・ご聖誕
2010年 12月19日

 今年も早いもので師走のなかばになりました。教会は待降節(アドベント)の中にあります。世界で最初にクリスマスのお祝いしたのは、野原で羊の番をしていた羊飼いたちでした。それからほぼ2000年の歳月が流れました。ベツレヘムで始まったクリスマスは、歴史の中で今日まで連綿として、様々な国でお祝いの仕方や形は少しづづ変化したと思われますが、全世界で祝い続けられているのがクリスマスなのです。
 全世界でお祝いされてきたこのクリスマスとは、いったい何なのでしょうか。クリスマスは何のためにあるのでしょうか。多くの方は、私と(自分と)キリストは何の関係もないと思っておられる方がほとんどではないでしょうか。しかしそうではありません。私たちとおおいに関係があるのです。世界の全ての人々と関係があるのです。
 それは、約2000年前に、イエス・キリストが誕生することを初めて知らされたのは、野宿で夜番をしながら羊の群れを見守っていた、羊飼いたちに対してでした。突然に天使たちが現れて、次のような言葉が告げられたのです。
 「恐れることはありません。今、私はこの民全体のための素晴らしい喜びを知らせに来たのです。きょうダビデの町で、あなた方のために、救い主がお生まれになりました。この方こそ、主キリストです。あなた方は、布にくるまって飼葉おけに寝ておられるみどりごを見つけます。これがあなた方のためのしるしです。」(ルカの福音書 2:10~12)
 このニュースは、私たち(人、人間)を救うためにイエス・キリストが誕生されたという素晴らしい喜びのおとづれなのです。それは希望のおとずれ、愛のおとずれでもあります。まことの神が人となってこの世界に来てくださった、これがクリスマスのメッセージなのです。人間は罪に苦しみ、孤独や憂いや愛に悩み、生きることに疲れているのが現実の状態ではないでしょうか。正直に自分の心を点検して欲しいと思います。そのような人間を救い、希望や喜びや愛を与えるために主イエス・キリストは来られたのです。クリスマスは、この救い主イエス・キリストの誕生を記念する時なのです。 
スポンサーサイト

<< 平和の使者として | ホーム | タラントのたとえ-2 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 ホーム 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。