プロフィール

愛は消えず 

Author:愛は消えず 
FC2ブログへようこそ!

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

イエスさまの懐の深さ

イエスさまの懐の深さ
2010年 11月14日

 イエス様の第一の使命はイスラエル全土に、御国の福音を伝えることでしたが、福音を宣べ伝えつつ、あらゆる病気、あらゆる患いを直されました。ある時「イエス様は12弟子を選び、彼らに、すべての悪霊を追い出し、病気を直すための、力と権威とをお授けになった。それから、神の国を宣べ伝え、病気を直すために、彼らを遣わされた。」(ルカ9:1、2)
その当時、二千年前のイスラエルには「悪霊の追い出し」と「病気の癒し」は福音を宣べ伝えることに付きものだった事が分かります。その時代にも悪霊が働いており、また各種の病気も蔓延していたことが福音書の中に書いてあります。
 そのような中で、イエス様や弟子たちがした、第一のことは「御国の福音」を伝えること、二番目は「悪霊の追い出し」で、三番目は「病気の癒し」でした。ある所に、12年間も長血をわずらっていた女の人が、なんとかして病気が直りたいと願っていました。そんな折に、イエス様の事を耳にして、彼女は居ても立ってもいられなくなり、イエス様の所に来たのです。この女の人は多くの医者にかかりましたが、直らずむしろ何のかいもなく、かえって悪くなる一方であり、そのために全財産を失ってしまうという有様でした。その女の人が、群集の中に紛れ込み、うしろからそっとイエス様の着物に触ったのです。「<お着物に触ることでもできれば、きっと直る>と考えていたからである。すると、すぐに、血の源が枯れて、ひどい痛みが直ったことを、身体に感じた。」(マルコ5:28、29)この女の人は自分の病気が癒されたことを知ったのです。イエス様は自分から力が出ていったことを知って、誰が自分に触ったのかと問われ、その女の人は自分の身に起きたことを打ち明けた結果、イエス様は「娘よ。あなたの信仰があなたを直したのです。安心して帰りなさい。病気にかからず、健やかでいなさい」(マルコ5:34)
「お着物に触ることでもできれば」と言うのは、現代から考えますと、異教的な信仰に見えますが、イエス様はこの女の人の行動、行為を「あなたの信仰」と認めてくださったのです。主イエス様の懐の深さ、愛の深さが伝わる出来事の一つです。主よ感謝します。
スポンサーサイト

<< 艱難は人を鍛える | ホーム | ご覧になる神(主) >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 ホーム 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。