プロフィール

愛は消えず 

Author:愛は消えず 
FC2ブログへようこそ!

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ご覧になる神(主)

ご覧になる神(主)
2010年 11月7日

 聖書の中に、主(神)がご覧になったという箇所がいくつかあります。「ご覧」になるは「見ること」の尊敬語です。旧約聖書の創世記の中に「そこで、ハガルは自分に語りかけられた主の名を<あなたはエル・ロイ(ご覧になる神)>と呼んだ。それは<ご覧になる方のうしろを見て、なおもここにいるとは>と彼女は言ったからである。それ故、その井戸は、ベエル・ラハイ・ロイ(生きて見ておられる方の井戸)と呼ばれた。
 それは、カデシュ・ベレデとの間にある。」(創世記16:13、14) 神はハガルをご覧になり声をかけられました。時代が少しさがって、神はモーセにも現れて柴の中から声をかけられました。「主は彼が横切って見に来るのをご覧になった。神は柴の中から彼を呼び、<モーセ、モーセ。>と仰せられた。彼は<はい。ここにおります。>と答えた。」(出エジプト3:4) 神は人をご覧になり、声をかけてご自身を啓示される(現わされる)お方なのです。
 新約聖書においては、「イエス様がご覧になった」という箇所がいくつかあります。イエス様はご自身が行なう福音宣教をなされるにあたって、12人の弟子を選ばれて、その働きの一環を担わせようとなされました。「ガリラヤ湖のほとりを通られると、シモンとシモンの兄弟アンデレが湖で網を打っているのをご覧になった。彼らは漁師であった。」「また少し行かれると、ゼベダイの子ヤコブとその兄弟ヨハネをご覧になった。彼らも舟の中で網を繕っていた。」(マルコ1:16、19)「イエスは、道を通りながら、アルパヨの子レビが収税所に座っているのをご覧になって、「わたしについて来なさい。」と言われた。すると彼は立ち上がって従った。」(マルコ2:14) イエス様は最初の弟子たちをご覧になり「わたしについて来なさい。」と招きの声をかけられて、福音宣教の働きを
担わせようとなされたのです。弟子たちに招きの声ををかけられたのは、彼らが遊んでいる時ではなく、自分の仕事をしていた時です。ペテロやアンデレは網を打っていた時、ヤコブとヨハネは網を繕っていた時レビは収税所で事務の仕事をしていた時なのです。ご覧になる主は働いている人を用いられるお方なのです。
スポンサーサイト

<< イエスさまの懐の深さ | ホーム | イエス様の人格の魅力 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 ホーム 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。