FC2ブログ

プロフィール

愛は消えず 

Author:愛は消えず 
FC2ブログへようこそ!

カレンダー

08 | 2018/09 | 10
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

年 輪


2010年8月15日
年 輪


「私は樹木の年輪をみて わが生涯の年輪を思う。              
幸福な人生の春にはのびのびと成長し、                                        
きびしい試練の冬にはちぢこまった痕を残し、           
年ごとに層を加え、数えてみれば60にあまる同心の円輪である。
 
少年の日、水に溺れようとして友に助けられ、
 
青年の頃胸を病んで 人生に望みを失った時、          
キリストによって救われた。 戦いはげしい時には、
 
爆弾や焼夷弾が 雨のように降る都心に住んでいたが、
 
奇跡的に生き残された。
 
ああ主よ! 私の時はあなたのみ手にあります。
 
私はかって無価値な一本の苗木にすぎなかった。
 
だが今、いささか価値ある僕であるとするならば
 
それは全く 年輪を重ねることをゆるして下さった
 
主の恩寵の故なのである」

    松田明三郎著『詩集 星を動かす少女』 福永書店より
スポンサーサイト

<< 風は己が好む所に吹く | ホーム | 主のみこころなら >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 ホーム 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。