プロフィール

愛は消えず 

Author:愛は消えず 
FC2ブログへようこそ!

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

屋上の部屋の窓は・・・

屋上の部屋の窓は・・・
2011年2月6日

 ダニエルたちは若い時に15歳前後に異郷の地(外国)に連れて来られてから、70年位の歳月を経ました。ダリヨス王の時代に三人の大臣の一人として任命されたのは85歳位の年齢であろうと思われます。ダニエルの生涯はイスラエルの神を信じて「忠実に」歩み続けた姿を見ることができます。「彼は忠実で、彼には何の怠慢も欠点も見つけられなかった」(ダニエル6:4)とあります。その「忠実さ」の故に、他の大臣や太守たちの妬みの買ったのです。妬みの故に「ダリヨス王以外に、いかなる神にも人にも、祈願する者は誰でも、獅子の穴に投げ込まれると。
 禁令を制定し、文書に署名をして欲しいと依頼されて、ダリヨス王は署名してしまうのです」(ダニエル6:7~9)妬みという罪の陰謀がありました。「ダニエルは、その文書の署名がされたことを知って自分の家に帰った。<彼の屋上の部屋の窓はエルサレムに向かって開いていた。>彼は、いつものように、日に三度、ひざまずき、彼の神の前に祈り、感謝していた。」(ダニエル6:10)ダニエルの現在いる場所から、イスラエルおよび神殿のあるエルサレムは南西の方角になります。彼にとってイスラエルは故郷であり、エルサレムは主の神殿がある場所でもあります。その故郷に帰りおよびエルサレムの神殿で神を礼拝したいという思いはどれほどのものだったでしょうか。だからこそ屋上の部屋の窓はエルサレムに向けて開かれていたのでありましょう。
 ダニエルは、その文書の署名されたことを知って自分の家に帰った。すなわち、ダリヨス王が禁令の文書に署名した(印鑑を押した)ことを知っても(ダリヨス王を拝まない者は獅子の穴に投げ込まれるという災難に会ってもの意)彼はいつもの通りに自分のなすべきことをしたのです。周りの事態がどのようになり、自分にとって不利になったとしても、普段しているように、一日のうちに三度、屋上の部屋のエルサレムの方角に開かれた窓辺で、ひざまずき、イスラエルの神、主に祈り、感謝をささげていたのです。
 ダニエルの生涯を振り返り見ると、年齢には関係なく、そこには忠実な信仰と与えられた賜物を謙遜のうちに用いている姿を見ることができます。ハレルヤ◆
スポンサーサイト

<< 人生の時と四季 | ホーム | 神の幻を解き明かす賜物 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 ホーム 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。